人生@南海島
うつ病 適応性障害 高血圧 糖尿病 等の持病のお勉強 健康メモ 時々日記な自由スペースです
トップへ リンク
エントリー 月ごとのアーカイブ
コメント トラックバック
カテゴリー一覧 タイトル一覧
プロフィール カレンダー
ブログ内検索 管理者ページ


Created by AGJ.
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


entry_img_73.png
うつ病という病気自体、専門家であっても、それほどはっきりとした事が分かっていない、大変難しい病気の一つです。

糖尿病の方がうつ病になる確率は、糖尿病でない方よりも、かなり高くなるという話もあれば、直接はあまり関係ないという意見もあります。






うつ病の人は、糖尿病になりやすいか?

鬱病の場合は、どちらかといえば、対人関係が苦手になっていき、あまり外に出かけたくない、という気持ちが強くなります。
引きこもりがちになり、過食に走ったり、運動不足に陥りやすいので、それが糖尿病を引き起こす原因になる事もあるのではと思います。

又、うつ病の原因の一つに、過度の長期に渡るストレス、がありますが、ストレスは体の色々なところに良くない影響を与える事で知られています。
たとえば、ストレスは血糖値を上げる事がありますし、ストレスによって体内のアドレナリンが分泌されますが、アドレナリンはインスリンの働きを弱めるのではないか、とも言われています。

うつ病の方が糖尿になりやすいかどうかは、正確な事は分かりませんが、うつ病という病気自体が体内に影響を与えて、糖尿病を発症するというよりも、うつ病の症状、引きこもりがちになるゆえの、過食や運動不足、ストレスなどによって、糖尿病が引き起こされる、というその可能性は否定できないと思います。

また、糖尿病だからうつ病になりやすい、というこちらの考え方にも真実味があるように感じます。



糖尿病だと、うつ病になりやすいか?

糖尿病になると、体がだるくなったり、疲れがとれなくなったりします。また、何らかの痛みがある事もあります。
体そのものの調子が悪いと、当然精神的にも疲労しますし、気分がすぐれない事もあります。それが、うつ的な傾向を引き起こし、長期化すると、うつ病を発症する事もあるのではと思います。

又、糖尿病治療の大原則である、食事制限などに疲れてしまう事もあります。どちらかというと、糖尿になってしまわれる方は、食べたい物を、好きな時に食べたいだけ食べてきた傾向の強い方たちが多い訳ですが、治療によって食事を制限され、食生活の調整を余儀なくさせられます。
これまで飲食でストレスを解消していた方であれば、その調整についていけず、ストレスが溜まり、気分がふさぎがちになる事もあります。
いくら改善のためとはいえ、好きな物を食べられないというのは、大変なストレスになる訳です。

又、このまま治療を続けていて治るのだろうか、一生このまま我慢する生活が続くのだろうか、合併症にはならないだろうか、治療費はもっとかさんでいくのだろうか……などなど。
これからの事への色々な不安のために、精神的に参ってしまい、うつ的な症状になってしまう場合だってあります。

又、その方の性格にもよりますが、不安感の強い方、神経質な方、責任感の強いタイプの方などは、元々うつ病になりやすい性質と言われています。こういうタイプの方が、糖尿病になると、さらにうつ病を引き起こす確率が上がる事もあります。

たとえば、責任感の強いタイプの方ですと、糖尿病になった後で、かなり自分を責める事があるようです。
自分がこんな病気になったばかりに、家族に迷惑をかけ、親に心配をかけ、会社にも迷惑をかけてしまい、と強く自分を責めてしまいます。
あの時、もっとこうしておけばよかった、何で自分はこうしなかったのだろう、などと過去の事をあれこれと考えてしまい、うつ傾向に陥る事もあるでしょう。
それで、元々うつ病になりやすい性質、まじめで、責任感が強くて、神経質なところがある。そういう方が糖尿病によって、不安や心配、自責の念が増し、結果的にうつ傾向やうつ病を引き起こす、というこれは確かにある事だと思います。

さらに、実際糖尿病の方が、うつを引き起こしてしまうと、治療がなかなか進まないという重大な事になってしまいます。と言うのも、うつの一つの症状として、気力の喪失があるからです。何もやる気がおきない、簡単にあきらめてしまう、こういった症状のために、糖尿病と闘う事をあきらめたりして、治療が進まないという事もあるんです。

又、うつ病は、結局は脳の機能低下だという考え方があります。これは、ストレスなどの様々な要因によって、脳の機能が弱くなったり、低下している状態だと言う訳です。

たとえば、うつ的な傾向、気分がふさいだり、物事を落ち着いて考えられなかったり、集中できなかったり、こういう事って脳の機能と深い関係があるようです。

わたしたちの脳は、体全体が必要とするブドウ糖(栄養)の約20%を必要としているそうです。脳という大変小さい体の一部が全体の20%もの栄養を必要としている訳なんです。脳って、とっても食いしん坊ですよね。でも、それだけ脳が一生懸命働いてくれている証拠でもあります。

しかし、ブドウ糖が足りなくなると、脳は本来の機能が果たせなくなり、イライラしたり、集中できなかったりする訳です。でも甘い物を食べると、また少し元気になったりします。これは、甘い物を摂る事によって、脳に栄養が行き渡ったからだと考えられているんです。

糖尿病とは、結局は「糖代謝の異常」です。糖代謝の異常とは、簡単に言うと細胞がブドウ糖をきちんと代謝できない、つまりエネルギーに変えられない事を指します。体の60兆を超えると言われる各細胞は、栄養をしっかりもらって、元気になります。細胞が元気ということは、細胞の集合体であるわたしたちの体が元気になる、ということです。

しかしもし、ブドウ糖をかなりの量必要とする脳細胞が、きちんとブドウ糖という栄養をもらえないならば、つまり、糖代謝の異常が起きるならば、当然脳の細胞は栄養をもらえないために、元気がなくなります。

元気の出ない脳細胞は、その機能を弱め、うつ病とまではいかないにしても、うつ的な傾向、気分がふさぎこんだり、集中できなかたりする、という症状が出てもおかしくはないのでは?と思っています。

糖尿病とうつ病の関係について、病気ゆえの、不安や心配、ストレスなどが、重要な要素になっている事は事実だと思います。

糖尿病の治療は、確かに我慢の連続です。でも、自分なりのストレス発散法を見つけたり、今はもう一度健康になるための、準備期間だと割り切って、楽観的な見方を持つ事も大事です。

スポンサーサイト

No.73 2012/02/12(Sun) 09:28
糖尿病 | トラックバック:0 | コメント:0

[コメントの投稿]
名前:
メールアドレス:
URL:

パスワード:
管理人のみ観覧可能にする

[この記事のトラックバックURL]

[この記事へのトラックバック]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。